組織について|会長挨拶

TOP > 会長挨拶

ごあいさつ

会長写真
山口県公立高等学校
PTA連合会
会長 銭廣 義和

 昨年度に引き続き山口県公立高等学校PTA連合会会長を仰せつかりました熊毛南高等学校PTA会長の銭廣義和でございます。本年度もよろしくお願い申し上げます。会員の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素より皆様方には山口県高P連の活動に対しましてご理解ご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 さて、2月から連日新型コロナウイルス感染拡大のニュースが続き、家庭・学校においてもこれまでに経験したことがない日々を過ごしています。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため学校の臨時休業、子ども達の活動発表の場である運動部・文化部の各種大会が中止となっています。

 高P連事業においては、新年度早々に7月開催予定でありました中国・四国地区高P連大会広島大会が中止、8月開催予定でありました全国高P連大会島根大会が中止となりました。各単位PTAにおかれましてもPTA総会の中止を決断され、課題の多い年度スタートを切られたことと思います。

 県高P連の対応としては4月16日に臨時役員会を開催して年度初めの流れを作りました。現下の状況を鑑み、5月11日には総会の中止を決定いたしました。続いて5月29日の第5回常任委員会は書面決議とし、同日開催の第1回常任委員会において総会における付議事項について審議していただき全ての議案について承認されました。その後、審議事項を掲載した総会要項を全ての会員校に送付させていただきました。ご高覧いただき、会員の皆様のご承認に替えさせていただきたいと思います。今後は状況を見ながら可能な限り研修会・講演会・情報交換会(懇親会)等を計画していきたいと考えています。

 感染症拡大の影響が懸念される中、高校生を取り巻く環境は大きく変化を続け課題が次々と現れています。そのような現下において子供たちの健全育成のためには、教育環境の整備、家庭教育の充実、小中高PTAの協働・連携を図るとともに、家庭・学校・地域及び関係機関が協働体制を構築し課題に立ち向かうことが求められます。

 山口県公立高等学校PTA連合会では「PTAは子供たちの応援団」をモットーに活動しております。新型コロナウイルス感染拡大の不安の中、この難局を乗り越えるため、私たちPTAは全力で子どもたちの応援・支援に取り組んでいきましょう。子供たちが安心して高校生活に取り組んでいけるよう、本会活動にご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

▲ ページトップへ